初めての方へ

Pocket

ようこそ。社会起業電脳研究室へ。


「これっておかしい」「このままじゃまずい」があふれてる

あなたの身の回りには……

 

親から虐待を受けている子どもがいるかもしれません。

育児や生活の不安などから、苦しんでいる母親がいるかもしれません。

学校でいじめられ、孤立化している子どもがいるかもしれません。

子どもが言うことをきかず、親や地域から突き上げられて苦しむ先生がいるかもしれません。

社会と適応できず引きこもっている若者、
望んでいても、1年以上職につけない人がいるかもしれません。

地域から孤立した高齢者がいるかもしれません。
昔はあったはずのコミュニティがなくなっているかもしれません。

 

日本全体だと……

都市と地方(限界集落など)の人口差、文化差、経済格差が問題になります。
少子高齢化による人口減少、人口構成のいびつさが問題になっています。他にも、国内には様々な問題があります。

世界、地球という観点だと……

途上国の絶対的貧困、
未だに各地で発生する戦争、
民族間、宗教観の対立、
気象変動による農作物、土地への影響……

あげればきりがありません。

 

「地域、社会の課題=社会ニーズ」そこにビジネスチャンスあり

これらの地域や、社会の課題に対して、
あなたは、どう感じますか?

「かわいそう。何とかしないと……」
「政治家、役所は何をやってるんだ!」
「そんなこといったって、私には関係ないよ」

人それぞれ、感じるものは違うでしょうが、
大事なのは、あなた自身がどう感じるかです。

ただ、私たちは、あなた自身が感じた内容に加えて、

「これらの課題は、ビジネスチャンスでもある」

というピースをはめこんでみることを、オススメしています。

「かわいそう。何とかしないと……」と感じた、
とてもこころ優しいあなた。

あなた一人の力は、無力ではないですが微力です。
あなたの気持ち、優しさに感動して、多くの方が支援したとしても、
それを維持し続けることは、非常に困難です。

災害支援ボランティアのような、短期的な取り組みや、
毎月1回の公園のゴミ拾いのような、少ない経費での活動ならともかく、

多くの社会の課題は、短期的な取り組みでなんとかなるものではなく、
また、様々なお金が必要になります。

そんなあなたには、
「これらの課題は、ビジネスチャンスでもある」というピースを、
はめこんでいてほしいのです。

「政治家、役所は何をやってるんだ!」と感じた、
とても正義感の強いあなた。

もしあなたが政治家、役所を信用できない人であるなら、
「これらの課題は、ビジネスチャンスでもある」というピースをはめ込んで、
社会貢献ビジネスを始めてみる、というのはどうでしょうか。

逆に「政治家、役所は口出しするな!」となるかもしれません。

もし、あなたが政治家、役所に本当に頑張ってほしいのであれば、
ビジネスパートナーとして、一緒に取り組むのという手もあります。
あるいは、議会の監視や提言などをやってもいいかもしれません。

「そんなこといったって、私には関係ないよ」と感じた、
日々忙しく過ごしているあなた。

あなたがビジネスマン、あるいは学生であれば、
「エコビジネス」「BOPビジネス(※1)」といった、
今注目されている社会貢献ビジネスに対して無関心でいるのは、
あなたの将来のキャリアにマイナスの影響を与える可能性があります。

※1 BOPビジネス

BOPとは「Base of the Pyramid」の略。
世界の所得別人口構成の中で、最も収入が低い所得層を指す言葉で、
約40億人がここに該当すると言われる。

BOPビジネスは、市場規模が約5兆ドルにも上ると言われる
この層をターゲットとしたビジネスのこと。

 

逆に、あなたの業務に、こうした社会貢献ビジネスを取り入れられれば、
今後のあなたのキャリアにとって、プラスの影響となる可能盛大です。

今、ビジネスの世界では、
「これらの課題は、ビジネスチャンスでもある」というピースを生かせるかどうかが、
企業の競争力を左右する一因となっています。

あなたが主婦や高齢者であれば、
あなたの目線は、ビジネスの成否にとって、貴重な視点となります。
あなたの視点が、新しいビジネスのきっかけとなる可能性を、
十分に秘めているのです。

あなたと同じように悩んでいる人の悩みを解決してあげ、
かつ、そこからママ友や高齢者の仲間(職員として)が広がり、
さらに、生活の足しになる収入が得られる。

「これらの課題は、ビジネスチャンスでもある」というマインドをもって、
ビジネスの手法、事業を通して社会課題の解決に取り組む人のことを、

「社会起業家」と呼びます。

現在、社会起業家は地域や社会の課題解決の新しい担い手として、
各方面から注目を集めています。

Pocket